カタログギフトを利用してみて

結婚という一大イベントにあって、考えなければならないことは多いです。
行政的な手続きはもちろん、挨拶状に代表されるような儀礼的なことも疎かには出来ません。
こうしたものの中で欠かせないのが贈答品の用意です。
披露宴で渡す引き出物はもちろん、様々な場面でお祝いをいただく機会も多く、ケースバイケースで適切なお返しが出来るように備えておく必要があります。
センスも大事と注視される部分ですのでそれなりにこだわりを持ちたいところです。
そこで便利に使えたのがカタログギフトでした。
ギフト用品を探し始めた時には眼中には無かったのですが、いろいろ探し歩いていて最終的に落ち着いて一番使い勝手が良かったのがカタログギフトの数々でした。
まず最初に用意したカタログギフトは引き出物としてでした。
私たちの考えとしては重くてかさばる荷物を持たせたくないという想いがあり、後日ご自宅へカタログギフトを贈るという形を取りました。
これはお世辞抜きに概ね好評だったようです。
参列して頂いた方々も年配の方が多い傾向にあったので、若い頃は大きな引き出物を持って帰るのが楽しみのひとつでもあったけど、歳をとってからは億劫になったという実感があるとのことで手間がかからないカタログギフトというスタイルは案外すんなりと受け入れられた様でした。
もうひとつは細々としたお祝いを受け取る時のお返しです。
披露宴と前後して個別にかつ直接、間接的にお祝いをいただくことも多く、そうした時には金額的な配慮もあってそれぞれにカタログギフトで対応できることのありがたさはとても有用なものでした。
私達が利用したギフト専門店は1冊のカタログギフトから配達してくれるお店だったのでなおさら利便性が高かったです。
お店から直接送付してもらっても良かったのですが、簡単なメッセージカードを添付するようにしていたので一旦私たちの自宅に届けてもらう必要性があったのですがそうした要望にも快く応じてくれたのが嬉しかったです。
カタログギフトと一口に言ってもそのバリエーションはとても豊富です。
金額的に分けても実に多くのものから選べるようになっているますし、ジャンル分けもかなりの分野に渡って用意されているので個々の顔を思い出しながら選んでいても対応するものが無くて困るということはありませんでした。
カタログギフトのカタログを見ていることがなんだか楽しくて、自分がもらっても嬉しいと思うと思いますし、贈る側としてはこれほど頼りになるものはないと感じました。
それ以降、贈り物が必要な場面では積極的にカタログギフトを利用しています。
冠婚葬祭以外でも利用出来るものが多くありますので眺めているだけでも楽しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*