カタログギフトでモヤモヤを解決

カタログギフトをご存知ですか?一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか。
結婚式に行った時の引き出物の中に、お祝いのお返しに、お葬式の香典返しに。
大体このようなシチュエーションでカタログギフトは大活躍するのです。
私が始めてカタログギフトを頂いたのは、結婚式の引き出物でした。
分厚い冊子のなかに、色とりどりの品物が載っていて、そこから好きなものを選んでいいというのです。
またそのラインナップも多彩で、電化製品、食器、食べ物、雑貨とどれから選べばいいのか目移りするものばかりで、選ぶのにとても苦労したのを覚えています。
面白いものは旅行やエステなど、物品ではないものもあったのが、とても興味をひかれました。
そもそもカタログギフトというものは何故誕生したのでしょうか。
あなたが誰かに贈り物、お返しをする際、「果たしてこれでいいのだろうか」、「これを送って失礼にあたるのではないだろうか」と心配になり、頭の中がモヤモヤで覆われたことは無いでしょうか。
人には好みというものがあります。
個人が素晴らしい!と思っているものが、また違う個人にとってはとてもつまらないもの、ということも少なくないでしょう。
また、状況によって、贈った物自体がとても失礼にあたることもあるのです。
もしあなたに赤ちゃんが産まれ、誰かからお祝いを頂いたとします。
そのお返しに、大好きなとても美味しいお茶を内祝いとして送りました。
実はお茶は仏事におくるもの、というイメージを持っている人は少なくありません。
せっかく感謝の気持ちをこめて贈り物をしたのに、相手を不快な気分にさせるのは避けたいものです。
このようなことが無いように、受け取った側が自由に品物を選ぶことができるカタログギフトが誕生したのです。
カタログギフトといっても、シチュエーション別に様々なものがあります。
結婚式の引き出物など、ブライダル関連のものは表紙も華やかであったり、アルバム風であったりと、結婚というハレの日にふさわしいものになっています。
また香典返しとして贈られるものは、装丁がシックな感じであったりと、状況に合わせて作られているので贈る側にとっても安心です。
また、金額も様々で手が届きやすい価格のものから、かなり奮発した価格のものまであります。
ひとことでカタログギフトといっても、色んな用途によって使い分けができるので、どんなものを選べばいいのか迷いそうで不安ではないですか。
もしあなたがカタログギフトを誰かに贈るときは、どのようなときに贈るのか、予算はどれくらいなのかを決めましょう。
そうすることで膨大な種類のカタログギフトから、ある程度絞ることができるでしょう。
贈り物をする際に発生するあなたの頭の中のモヤモヤを取り払ってくれるとても便利なカタログギフト、是非活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*