カタログギフトで、贈る方も贈られるほうも満足

カタログギフト、とはあまり聞きなれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
カタログギフトとは、物をあげるのではなく、カタログをお渡ししてその中から好きなものを選んでもらい、それが直接先方に届くという仕組みです。
使われる用途は、結婚式の引き出物、さまざまな内祝い、入学祝い、出産祝い、など何にでも使えます。
私が以前住んでいた国では、結婚式にお金ではなくプレゼントをあげることが多かったのですが、カタログギフトを結婚祝いに使っている人もたくさんいました。
では、もう少し詳しく見てみると、

1、自分が贈り物を送りたい方に色々な商品が載っているカタログをお渡します。(値段は書かれていません)
2、先方はカタログの中から好きなものを自分で選びます。
3、先方は付属のはがきに品番などを書き、はがきをポストに投函します。
4、はがきがカタログ会社に届き次第、商品が先方に届きます。

という流れになります。
メリットはたくさんあります。
*贈る方は何を贈ったら喜んでくれるか分からない場合、便利だ。
*貰う方は要らない物ではなく、自分の気に入った物を選べるので嬉しい。
*結婚式などの引き出物の場合は、帰りに重いギフトを持ち歩かなくてよい。
*自宅に直接届くので楽だ。
*贈る商品をデパートなどに選びに行く時間がない。

しかし、デメリットとしては
*プレゼントは自分で一つずつ自分の個性なども生かして選びたい。
*昔ながらのしきたりや、伝統を重んじる人には好まれない。
*サプライズに相手の欲しいものなどを用意したい人には向かない。
などでしょうか。
しかし、こうしてみるとメリットの方が多いと思います。
このようなメリットを理由にカタログギフトは若い人たちを中心にどんどん人気が出てきているようです。
私自身も、結婚式の引き出物 カタログギフトがいいな、と思います。
正直、あまり使わないものや、中には「?」な物も多いのが事実ですよね。
贈り主が同じお金をかけてくれるのだったら、自分だって感謝を込めて大事に使ったり、いただいたりしたいものです。
たんすの肥やしに、、、なんて、せっかく貰ったのに申し訳ないし、もったいなさ過ぎます!

また、のし紙や包装紙はもちろん、写真入りカードや、メッセージカードなどを付けることができるサービスがある会社もあります。価格も3000円未満から、5万円以上のものまで、200円ー500円ずつ細かく分かれています。
これなら、自分の贈りたい物を贈りたい値段で、そしてカードも付けて少しこだわって贈ることができますよね。

Add Your Comment: